チャウス自然体験学校は民設民営(NPO型)の自然学校です。キャンプ開催の拠点は事務局のある群馬県桐生市の里山は河原から、公立の青少年教育施設をはじめ、民間のキャンプ場などでイベントを実施しています。

基本情報

【団体名】チャウス自然体験学校

【団体名 英文表記】CHAUS – Nature Experience Outdoor School

【活動目的】私たちは自然・体験活動を通じて「人と人」、「人と自然」とのつながりを深め、豊かな心を育み多くの人々の日常生活をより豊かにすることを目的として活動をしています。

(会則第一章第2条抜粋)

【主な活動内容】

①自然・体験活動

②自然・体験活動の支援および援助

③自然・体験活動を通じての地域の活性

④その他、本団体の目的達成に必要な活動 (会則第二章抜粋)

【事務局所在地】

群馬県桐生市広沢町7-7-5

[設立年月日]2002年12月18日

[法人取得日]2017年2月1日

[代表者名]加藤 正幸 (2002年12月~現在)

[会員数]正会員:70名 準会員:103名

 賛助会員(個人):15名 賛助団体(企業):1団体

[参加者実績]約4,500名(2010年度延べ人数)

2011年3月31日現在

 

チャウス自然体験学校の「チャウス」とは

私たちの活動拠点である、群馬県桐生市の南西部にある小さな山の名前です。

「チャウス」と言う名の山は全国で200以上あり(日本で一番多い)、古くは川中島の合戦で武田軍が指揮を執った名と知られ、友軍の武将の城の砦などに名付けられ、現在に至っている様です。※諸説あります

 また「チャウス」の語源はアイヌ語「チャシ(城砦)」で、自然と共に生きてきた先住民族の思いを私達も後生へ繋いでまいります。※言葉の響きにも共感しました。